Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » クライアント/サーバ通信 » TCP/IP プロトコルの使用

 

TCP/IP を使用したクライアント/サーバ通信の暗号化

デフォルトでは通信パケットが暗号化されないため、セキュリティに関して潜在的な危険があります。単純暗号化またはトランスポート・レイヤ・セキュリティを使用して、TCP/IP を介したクライアント・アプリケーションとデータベース・サーバ間の通信を安全化できます。トランスポート・レイヤ・セキュリティにより、サーバ認証、ECC または RSA 暗号化テクノロジを使用した強力な暗号化、およびデータ整合性を保護するその他の機能が提供されます。

トランスポート・レイヤ・セキュリティを参照してください。