Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの管理 » データベース管理ユーティリティ

 

消去ユーティリティ (dberase)

データベースに関連する DB 領域とトランザクション・ログ・ファイルを消去します。

構文
dberase [ options ] database-file
オプション 説明
@data

指定された環境変数または設定ファイルからオプションを読み込みます。設定ファイルの使用を参照してください。

設定ファイル内のパスワードなどの情報を保護する場合は、ファイル難読化ユーティリティを使用して、設定ファイルの内容を難読化できます。ファイル難読化ユーティリティ (dbfhide)を参照してください。

-ek key 強力に暗号化されているデータベースの暗号化キーをコマンドに直接指定します。データベースが強力に暗号化されている場合、データベースまたはトランザクション・ログを使用するには必ず暗号化キーを指定します。強力な暗号化が適用されたデータベースの場合、-ek または -ep のどちらかを指定します。両方同時には指定できません。強力に暗号化されたデータベースでは、正しいキーを指定しないとコマンドが失敗します。
-ep 暗号化キーの入力を求めるプロンプトを表示するよう指定します。このオプションを指定すると、暗号化キーを入力するためのウィンドウが表示されます。クリア・テキストでは暗号化キーを見ることができないようにすることで、高いセキュリティが得られます。強力な暗号化が適用されたデータベースの場合、-ek または -ep のどちらかを指定します。両方同時には指定できません。強力に暗号化されたデータベースでは、正しいキーを指定しないとコマンドが失敗します。
-o filename 指定したファイルに、出力メッセージを書き込みます。
-q クワイエット・モードで実行し、出力メッセージを表示しません。このオプションを指定する場合、-y も指定しないと操作は失敗します。
-y 確認メッセージを表示することなく、各ファイルを削除します。-q を指定する場合、-y も指定しないと操作は失敗します。
備考

消去ユーティリティを使って、データベース・ファイルと、それに関連するトランザクション・ログを消去できます。または、トランザクション・ログ・ファイルやトランザクション・ログ・ミラー・ファイルを消去できます。すべてのデータベース・ファイルとトランザクション・ログ・ファイルに読み込み専用のマークを付けて、データベースが突然損傷を受けたり、データベース・ファイルが不用意に削除されないようにします。

database-file は、データベース・ファイルまたはトランザクション・ログ・ファイルです。ファイル名は、拡張子も含めてすべて指定してください。データベース・ファイルを指定すると、関連するトランザクション・ログ・ファイルが (ミラーもある場合はそれも含めて) 消去されます。

注意

消去ユーティリティは DB 領域を消去しません。DB 領域を消去したい場合、DROP DATABASE 文を使用するか、または Sybase Central のデータベース消去ウィザードを使用します。DROP DBSPACE 文を参照してください。

データベース消去ウィザードでは、DB 領域やトランザクション・ログ・ファイルを消去することもできます。データベースの消去を参照してください。

他の DB 領域を参照するデータベース・ファイルを削除しても、DB 領域ファイルが自動的に削除されることはありません。DB 領域ファイルを手動で削除したい場合は、ファイルを読み込み専用から書き込み可能に変更し、次にファイルを 1 つずつ削除します。別の方法として、DROP DATABASE 文を使用して、データベースと関連する DB 領域ファイルを消去することもできます。

データベース・ファイルを消去すると、関連するトランザクション・ログとトランザクション・ミラーも削除されます。トランザクション・ログ・ミラーも保有しているデータベースのトランザクション・ログを消去しても、ミラーは削除されません。

このユーティリティの使用中に、消去するデータベースを起動しないでください。

終了コードは、0 (成功) または 0 以外の値 (失敗) です。ソフトウェア・コンポーネントの終了コードを参照してください。