Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの管理 » データベース管理ユーティリティ

 

ファイル難読化ユーティリティ (dbfhide)

単純暗号化を使用して、設定ファイルと初期化ファイルの内容を非表示にします。

構文
dbfhide original-configuration-file encrypted-configuration-file
オプション 説明
original-configuration-file 元のファイルの名前を指定します。
encrypted-configuration-file 難読化された新しいファイルの名前を指定します。
備考

一部のユーティリティでは、コマンド・ライン・オプションを保存するために設定ファイルが使用されます。これらのオプションにパスワードを含めることができます。ファイル難読化ユーティリティを使用して、設定ファイル、および SQL Anywhere とそのユーティリティで使用する .ini ファイルに単純暗号化を追加することによって、ファイルの内容を難読化できます。元のファイルは変更されません。一度ファイルに追加した単純暗号化を削除することはできません。難読化されたファイルに変更を加えるためには、再度変更したり難読化したりできるように元のファイルのコピーを保存しておく必要があります。

設定ファイルの使用については、設定ファイルを使用したサーバ起動オプションの保存を参照してください。

暗号化の詳細については、安全なデータの管理を参照してください。

.ini ファイルの内容の非表示

多くの場合、SQL Anywhere では .ini ファイルに特定の名前が付けられていると想定します。名前が重要なファイル (saldap.ini など) に単純暗号化を追加する場合、元のファイルのコピーを別の名前を付けて保存してください。元のファイルのコピーを保存していない場合、ファイルがいったん難読化されると、その内容を変更できません。次の手順では、.ini ファイルに単純暗号化を追加する方法について説明します。

♦  ファイルの内容を非表示にするには、次の手順に従います。
  1. ファイルを別の名前で保存します。

    rename saldap.ini saldap.ini.org
  2. ファイル難読化ユーティリティを使用してファイルを難読化し、難読化されたファイルに必要なファイル名を付けます。

    dbfhide saldap.ini.org saldap.ini
  3. ファイル・システムまたはオペレーティング・システムの保護により saldap.ini.org ファイルを保護するか、安全な場所に保存します。

    saldap.ini ファイルに変更を加えるには、saldap.ini.org ファイルを編集し、手順 2 を繰り返します。

警告

SQL Anywhere データ・ソースだけを使用している場合を除き、UNIX 上でファイル難読化ユーティリティ (dbfhide) を使用して、システム情報ファイル (デフォルトのファイル名は .odbc.ini) に単純暗号化を追加しないでください。他のデータ・ソース (Mobile Link 同期など) を使用する予定の場合、システム情報ファイルの内容を難読化すると、他のドライバが正しく機能しなくなることがあります。

このユーティリティは、設定ファイルからオプションを読み込む @data パラメータを受け入れません。

参照

パーソナル・データベース・サーバとサンプル・データベースを開始する設定ファイルを作成します。また、キャッシュを 10 MB に設定し、パーソナル・サーバのこのインスタンスの名前を Elora にします。次のように設定ファイルを作成します。

# Configuration file for server Elora
-n Elora
-c 10M
samples-dir\demo.db

(先頭に # がある行はコメントとして処理されます。)

samples-dir の詳細については、サンプル・ディレクトリを参照してください。

ファイルに sample.txt という名前を付けます。この設定ファイルを使用してデータベースを開始する場合は、コマンド・ラインで次のように指定します。

dbeng11 @sample.txt

ここで、単純暗号化を設定に追加します。

dbfhide sample.txt encrypted_sample.txt

encrypted_sample.txt ファイルを使用してデータベースを開始します。

dbsrv11 @encrypted_sample.txt