Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » データベース・サーバ » データベース・サーバ・オプション

 

-gl サーバ・オプション

LOAD TABLE を使用するデータのロード、UNLOAD または UNLOAD TABLE を使用するデータのアンロードに必要なパーミッションを設定します。

構文
{ dbsrv11 | dbeng11 } -gl { DBA | all | none } ...
適用対象

すべてのオペレーティング・システムとデータベース・サーバ

備考

UNLOAD TABLE や UNLOAD 文は、データベース・サーバ・コンピュータのファイルにデータを配置します。LOAD TABLE 文は、データベース・サーバ・コンピュータからファイルを読み込みます。

これらの文を使用してファイル・システムへのアクセスを制御するには、-gl サーバ・オプションを使用します。このオプションによって、これらの文を使用するために必要なデータベース・パーミッションのレベルを制御できます。

使用できる値は次のとおりです。

  • DBA   DBA 権限を持つユーザだけが、データベースからデータをロード/アンロードできます。

  • all   すべてのユーザがデータベースからデータをロード/アンロードできます。

  • none   データのロードやアンロードはできません。

大文字と小文字の両方の構文を使用できます。

UNIX 以外のオペレーティング・システムを使用するパーソナル・データベース・サーバの場合、デフォルト設定は all です。ネットワーク・データベース・サーバや UNIX パーソナル・サーバの場合、デフォルト設定は DBA です。これらの設定は、UNIX 以外のプラットフォームではパーソナル・データベース・サーバが現在のコンピュータで実行され、したがってユーザはすでにファイル・システムにアクセスしているという事実を反映しています。

参照