Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » データベース・サーバ » データベース・サーバ・オプション

 

-gu サーバ・オプション

ユーティリティ・コマンドのパーミッション・レベルを設定します。

構文
{ dbsrv11 | dbeng11 } -gu { all | none | DBA | utility_db } ...
適用対象

すべてのオペレーティング・システムとデータベース・サーバ

備考

CREATE DATABASE や DROP DATABASE などのユーティリティ・コマンドのパーミッション・レベルを設定します。このレベルは、utility_db、all、none、DBA のいずれかに設定できます。デフォルトは DBA です。

utility_db レベルでは、これらのコマンドをユーティリティ・データベースに接続できるユーザだけが使用できます。ユーティリティ・コマンドの実行は、all レベルではすべてのユーザが許可され、none レベルではすべてのユーザが不許可となり、DBA レベルでは DBA 権限を持つユーザが許可されます。

参照