Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの管理 » SQL Anywhere グラフィカル管理ツール » Interactive SQL の使用 » Interactive SQL からの SQL 文の実行

 

コマンド・ファイルの実行

コマンド・ファイルは、SQL 文を含むテキスト・ファイルであり、同じ SQL 文を繰り返し実行する場合に便利です。Interactive SQL を使用して、コマンド・ファイルを開いたり、表示、実行、保存を行ったりすることができます。

コマンド・ファイルは、次のいずれかの方法で Interactive SQL から実行できます。

  • Interactive SQL の READ 文を使用して、コマンド・ファイルを実行する。たとえば、次の文はファイル temp.sql を実行します。

    READ temp.sql;
  • コマンド・ファイルを [SQL 文] ウィンドウ枠にロードして、そこから直接実行する。

    コマンド・ファイルを [SQL 文] ウィンドウ枠にロードするには、[ファイル] - [開く] を選択します。メッセージが表示されたら、ファイル名 (たとえば temp.sql) を入力します。

  • [ファイル] - [スクリプトの実行] を選択して、ロードしないでコマンド・ファイルを実する。

  • Interactive SQL のコマンド・ライン引数としてコマンド・ファイルを指定する。

Interactive SQL での SQL コマンド・ファイルの実行を参照してください。

Interactive SQL を .sql ファイルのデフォルト・エディタに設定する

Windows プラットフォームでは、Interactive SQL を .sql コマンド・ファイルのデフォルト・エディタにできます。このように設定すると、ファイルをダブルクリックするだけで、Interactive SQL の [SQL 文] ウィンドウ枠に内容が表示されます。

♦  Interactive SQL を .sql ファイルのデフォルト・エディタにするには、次の手順に従います。
  1. Interactive SQL から、[ツール] - [オプション] を選択します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[一般] をクリックします。

  3. [Interactive SQL を .SQL ファイルとプラン・ファイルのデフォルト・エディタにする] をクリックします。

  4. [OK] をクリックします。

コマンド・ファイルで Interactive SQL を使用する方法の詳細については、次の項を参照してください。