Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの管理 » データベース管理ユーティリティ

 

Log Transfer Manager ユーティリティ (dbltm)

データベースのトランザクション・ログを読み込み、コミットされた変更を Replication Server に送信します。

構文
dbltm [ options ]
オプション 説明
@data

指定された環境変数または設定ファイルからオプションを読み込みます。設定ファイルの使用を参照してください。

設定ファイル内のパスワードなどの情報を保護する場合は、ファイル難読化ユーティリティを使用して、設定ファイルの内容を難読化できます。ファイル難読化ユーティリティ (dbfhide)を参照してください。

-A 更新がフィルタされないようにします。デフォルトでは、メンテナンス・ユーザが行ったすべての変更はレプリケートされません。-A オプションを設定すると、これらの変更がレプリケートされます。データベースがレプリケート・サイトとプライマリ・サイトの両方として動作する非階層型 Replication Server 環境に便利な場合があります。
-C config-file

設定ファイル config-file を使用して、LTM 設定を決定します。デフォルトの設定ファイルは dbltm.cfg です。LTM 設定ファイルを参照してください。

-I interface-file (大文字の I) 指定の interfaces ファイルを使用します。interfaces ファイルは、Open Server の接続情報を保持する DSEDIT で作成したファイルです。デフォルトの interfaces ファイルは、SQL.ini です。このファイルは、Sybase ディレクトリの ini サブディレクトリにあります。
-M リカバリ動作を開始します。LTM は可能なかぎり早い位置からログの読み込みを開始します。設定ファイルにオフライン・ディレクトリを指定する場合、LTM は最も古いオフライン・ログ・ファイルから読み込みます。
-S LTM-name LTM のサーバ名を指定します。デフォルトの LTM 名は DBLTM_LTM です。LTM 名は、DSEDIT に入力した LTM に対する Open Server 名と対応させます。
-dl LTM ウィンドウまたはコマンド・プロンプトにすべてのメッセージを表示します。指定されている場合はログ・ファイルにも表示します。
-ek key 強力に暗号化されているデータベースの暗号化キーをコマンドに直接指定します。強力に暗号化されたデータベースを扱う場合には、データベースやトランザクション・ログ (オフライン・トランザクション・ログなど) を使用するのに、常に暗号化キーを使用する必要があります。強力な暗号化が適用されたデータベースの場合、-ek または -ep のどちらかを指定します。両方同時には指定できません。強力に暗号化されたデータベースでは、キーを指定しないとコマンドが失敗します。
-ep 暗号化キーの入力を求めるプロンプトを表示するよう指定します。このオプションを指定すると、暗号化キーを入力するためのウィンドウが表示されます。クリア・テキストでは暗号化キーを見ることができないようにすることで、高いセキュリティが得られます。強力な暗号化が適用されたデータベースの場合、-ek または -ep のどちらかを指定します。両方同時には指定できません。強力に暗号化されたデータベースでは、キーを指定しないとコマンドが失敗します。
-o filename デフォルト (dbltm.log) 以外のログ・ファイルを使用します。ログ転送操作による出力メッセージは、このファイルに書き込まれます。
-os size 出力ファイルの最大サイズをバイト単位で指定します。最小値は 10000 です。ログ・ファイルのサイズがこの制限値を超えそうになると、ログ・ファイルの名前は yymmddxx.ltm に変更されます。yymmddxx.ltmxx という値は、その日に作成されるファイルごとに 1 ずつ増加します。
-ot file デフォルト (dbltm.log) 以外のログ・ファイルを使用し、LTM の起動時にログ・ファイルをトランケートします (既存の内容はすべて削除されます)。ログ転送操作による出力メッセージはこのファイルに送信されるため、後で検討が可能です。
-q LTM の起動時にウィンドウを最小化します。
-s LTL が生成するすべての LTM コマンドを記録します。これは、問題を診断するときだけに使用してください。運用環境ではおすすめしません。これを使用すると、パフォーマンスが大幅に低下します。
-ud UNIX オペレーティング・システムで、LTM をデーモンとして実行します。デーモンとして実行すると、出力はログ・ファイルに記録されます。
-ux dbltm によって、UNIX オペレーティング・システム上に使用可能な表示が見つかった場合、Log Transfer Manager ウィンドウを開きます。たとえば、DISPLAY 環境変数が設定されていなかったり、X-Window Server が実行されていなかったりしたために、使用可能な表示が見つからなかった場合、dbltm は起動できません。Microsoft Windows では、dbltm ウィンドウが自動的に表示されます。
-v デバッグ用に、LTL メッセージ以外のメッセージを表示します。
備考

Log Transfer Manager (LTM) は、「replication agent」とも呼ばれています。LTM は、プライマリ・サイトとして Replication Server のインストールに関係するすべての SQL Anywhere データベースに必要です。

SQL Anywhere LTM は、データベース・トランザクション・ログを読み込み、コミットした変更を Replication Server に送信します。LTM はレプリケート・サイトには必要ありません。

LTM は、ログ転送言語 (LTL) と呼ばれる言語で Replication Server にコミットされた変更を送信します。

デフォルトでは、LTM は、ログ・ファイル DBLTM.LOG を使用して、ステータスとその他のメッセージを保持します。オプションを使用すると、このファイルの名前を変更して、送信されるメッセージの量とタイプを変更できます。

終了コードは、0 (成功) または 0 以外の値 (失敗) です。ソフトウェア・コンポーネントの終了コードを参照してください。


LTM 設定ファイル