Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » データベース・サーバ » データベース・サーバ・オプション

 

-m サーバ・オプション

チェックポイントが終了すると、トランザクション・ログをトランケートします。

構文
{ dbsrv11 | dbeng11 } -m ...
適用対象

すべてのオペレーティング・システムとデータベース・サーバ

備考

このオプションを指定すると、シャットダウン時、またはサーバでスケジュールされたチェックポイントの結果としてチェックポイントが実行されたときに、トランザクション・ログをトランケートします。

警告

このオプションを選択すると、データベース・ファイルを含むデバイスのメディア障害に対して無防備な状態になります。

このオプションを指定すると、トランザクション・ログの肥大化が自動的に制限されます。チェックポイントの頻度は、checkpoint_time と recovery_time オプションによって制御できます (また、コマンド・ラインでも設定できます)。

-m オプションは、高速な応答時間を必要とする大容量のトランザクションを処理する場合や、リカバリやレプリケーションがトランザクション・ログの内容に依存しない場合に、トランザクション・ログのサイズを制限するのに役立ちます。-m オプションは、各 COMMIT の後にチェックポイントが必要で、その結果パフォーマンスが低下するような場合に、トランザクション・ログなしで稼働する場合の代替策となります。-m オプションを指定すると、データベース・ファイルを含むデバイスのメディア障害に対して無防備な状態になります。-m オプションを使用する前に、トランザクション・ログを管理する他の代替策 (BACKUP 文やイベントの使用など) を検討してください。

データベース・ファイルの断片化を防ぐためには、このオプションを使用する場合に、トランザクション・ログをデータベースそのものとは別のデバイスまたはパーティションに保管することをおすすめします。

このオプションを指定すると、チェックポイントの実行中に他の操作は行われません。

警告

レプリケートされるデータベースまたは同期されるデータベースでは、-m オプションを使わないでください。SQL Remote と Mobile Link で使用されるレプリケーションと同期は、本質的にトランザクション・ログ情報に依存します。

参照