Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » データベース・サーバの実行 » サーバ起動時のトラブルシューティング

 

正しい sasrv.ini ファイルを使用していることを確認する

ネットワーク経由で正しいサーバへの接続を確立することに問題がある場合、sasrv.ini ファイルを削除してみてください。このファイルには、サーバ名、プロトコル、アドレスなどのサーバ情報が入っています。このファイルにあるサーバ情報が、接続文字列に指定した情報を上書きしている可能性があります。このファイルを削除すると、SQL Anywhere は、ユーザが接続文字列に指定した情報を含む新しい sasrv.ini ファイルを作成します。sasrv.ini のデフォルト・ロケーションは、Windows の場合は %ALLUSERSPROFILE%\Application Data\SQL Anywhere 11、UNIX の場合は ~/.sqlanywhere11 です。

それでもまだ接続を確立できないときは、次のいずれかのロケーションに sasrv.ini がある場合、このファイルをすべて削除します。

  • SQL Anywhere インストール・ディレクトリのサブディレクトリ bin32 または bin64 (HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Sybase\SQL Anywhere\11.0\Location レジストリ・キーに表示されています)

  • Windows ディレクトリ

  • Windows システム・ディレクトリ

  • パスに指定されたその他のロケーション

sasrv.ini ファイルの詳細については、迅速な接続のためのサーバ名キャッシュを参照してください。