Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » セキュリティ » トランスポート・レイヤ・セキュリティ » デジタル証明書の作成

 

自己署名ルート証明書

自己署名ルート証明書は、単一の Mobile Link サーバまたはデータベース・サーバで構成される単純な設定において使用されます。

ヒント

サーバ ID ファイルが複数必要な場合は、エンタープライズ・レベルの証明書チェーンまたは民間認証局を使用します。認証局にはルート・プライベート・キーを格納する専用の設備があり、拡張性と証明書の高度な整合性を提供します。

証明書チェーンの設定については、証明書チェーンを参照してください。

  • 証明書   サーバ認証証明書の場合、自己署名証明書はクライアントに配布されます。自己署名証明書は、識別情報、サーバのパブリック・キー、自己署名されたデジタル署名を含む電子文書です。

  • ID ファイル   サーバ認証証明書の場合、ID ファイルはセキュリティ保護された状態で Mobile Link サーバまたはデータベース・サーバに格納されます。ID ファイルは、自己署名証明書 (クライアントに配布) と、対応するプライベート・キーを組み合わせたものです。プライベート・キーがあると、Mobile Link サーバまたはデータベース・サーバは、初期ハンドシェイクでクライアントから送信されたメッセージを復号できます。

参照