Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースのモニタリング » SQL Anywhere モニタ

 

リソースのモニタリング

モニタでは、モニタリング対象の SQL Anywhere データベースの正常性や可用性の概要が [モニタ] タブに表示されます。

[モニタ] タブ

上ウィンドウ枠の表には、モニタリングされているリソースがリストされた表があります。ここで言う「リソース」とは、データベースのことです。この表には、リソースが現在実行中かどうか、およびリソースに対してユーザによる何らかの操作が必要かどうかも示されます。リソースの状態とモニタの状態の解釈を参照してください。

[モニタ] タブの下ウィンドウ枠には、選択されたデータベースについて、警告と各種メトリックの現状が表示されます。これらのタブのほとんどには、グラフへのリンクが含まれています。グラフの表示範囲は、各グラフの右上にあるドロップダウン・リストと矢印を使用して変更できます。

[管理] タブ

[管理] タブは、管理者専用です。このタブでは、モニタリングされるデータベースの選択、ユーザの追加と編集、およびモニタの設定ができます。

[管理] タブが開いた状態 モニタ。
参照

リソースの状態とモニタの状態の解釈
モニタのメトリック
メトリックのタブの説明
古いモニタ・メトリックの削除