Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » 接続パラメータとネットワーク・プロトコル・オプション » ネットワーク・プロトコル・オプション

 

MyIP プロトコル・オプション [ME]

クライアントがアドレス情報を決定するかどうかを制御します。

使用法

TCP/IP、HTTP、HTTPS

文字列

備考

MyIP (ME) プロトコル・オプションは、複数のネットワーク・アダプタを持つコンピュータに対して指定します。

各アダプタには IP アドレスがあります。デフォルトでは、データベース・サーバは検出したすべてのネットワーク・インタフェースを使用します。データベース・サーバがすべてのネットワーク・インタフェースで受信しないようにする場合、使用する各インタフェースのアドレスを MyIP (ME) プロトコル・オプションで指定します。

IP アドレスとしてキーワード NONE が指定されている場合は、アドレス情報を決定しようとしません。NONE キーワードは、複数のネットワーク・カードを持つコンピュータや、リモート・アクセス (RAS) ソフトウェアとネットワーク・カードを持つコンピュータなど、この操作により大きな負荷がかかるコンピュータ上のクライアントで使用するものです。サーバでは使用しないでください。

複数の IP アドレスを指定する場合はカンマで区切ります。

Windows プラットフォームで IPv6 アドレスを指定する場合、インタフェース識別子を使用する必要があります。UNIX プラットフォームでは、IPv6 アドレスのインタフェース識別子とインタフェース名の両方がサポートされます。Linux (カーネル 2.6.13 以降) では、インタフェース識別子が必要です。SQL Anywhere での IPv6 サポートを参照してください。

参照

次のコマンド・ライン (すべて 1 行に入力) は、サーバに 2 つのネットワーク・カードを使用することを指示します。

dbsrv11 -x tcpip(MyIP=192.75.209.12,192.75.209.32) "samples-dir\demo.db"

次のコマンド・ライン (すべて 1 行に入力) は、IPv6 ネットワーク・カードを使用することをデータベース・サーバに指示します。

dbsrv11 -x tcpip(MyIP=fe80::5445:5245:444f) "samples-dir\demo.db"

samples-dir の詳細については、サンプル・ディレクトリを参照してください。

次の接続文字列フラグメントは、クライアントがアドレス情報を決定しないように指定します。

LINKS=tcpip(MyIP=NONE)