Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの設定 » 国際言語と文字セット » 照合の知識

 

SQL Anywhere データベースでの照合

CHAR 照合

CHAR データ型 (CHAR、VARCHAR、LONG VARCHAR など) の照合では、SQL Anywhere 照合アルゴリズムが使用される場合と Unicode 照合アルゴリズムが使用される場合があります。どちらの場合も、使用される照合は CHAR 照合と呼ばれます。

NCHAR 照合

NCHAR データ型 (NCHAR、NVARCHAR、LONG NVARCHAR など) の照合では、Unicode 照合アルゴリズムが使用される場合と UTF8BIN 照合が使用される場合があります。UTF8BIN 照合では SQL Anywhere 照合アルゴリズムが使用されます。

大文字小文字とアクセント記号の区別

作成時に大文字小文字を区別するよう指定されなかったSQL Anywhere データベースでは、大文字と小文字は区別されません。区別されるようにするには、該当するオプションを指定します。データベースの作成後、データベースを再構築しないで大文字と小文字が区別されるようにすることはできません。

データベースが大文字と小文字を区別するかどうかによって、SACA 照合でも UCA 照合でも大文字と小文字を区別するかどうかが決まり、それにより CHAR 照合と NCHAR 照合で大文字と小文字を区別するかどうかが決まります。

作成時にアクセント記号を区別するよう指定されなかったSQL Anywhere データベースでは、アクセント記号は区別されません。区別されるようにするには、該当するオプションを指定します。データベースの作成後、データベースを再構築しないでアクセント記号が区別されるようにすることはできません。

データベースがアクセント記号を区別するかどうかは、UCA 照合にのみ影響を与えます。UCA 照合が CHAR 照合や NCHAR 照合で使用されているかどうかには関係ありません。 CHAR 照合と NCHAR 照合のどちらにも SACA 照合を使用することを選択した場合、アクセント記号に関するオプションに効力はありません。アクセント記号の区別は SACA 照合の属性であり、該当するオプションをデータベース作成時に使用して指定することはできません。