Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » 接続パラメータとネットワーク・プロトコル・オプション

 

ネットワーク・プロトコル・オプション

ネットワーク・プロトコル・オプション (クライアントとサーバ両方のための) を使用して、さまざまなネットワーク・プロトコルの問題に対処できます。

ネットワーク・プロトコル・オプションは、サーバ・コマンドに指定できます。次に例を示します。

dbsrv11 -x tcpip(PARM1=value1;PARM2=value2;...)

クライアント側では、CommLinks (LINKS) 接続パラメータとしてプロトコル・オプションを入力できます。

CommLinks=tcpip(PARM1=value1;PARM2=value2;...)

パラメータにスペースがある場合、ネットワーク・プロトコル・オプションを二重引用符で囲むことにより、システム・コマンド・インタプリタによって適切に解析されます。

dbsrv11 -x "tcpip(PARM1=value1;PARM2=value2;...)"
CommLinks="tcpip(PARM1=value1;PARM2=value2;...)"

UNIX では、セミコロンがコマンドの区切り文字として解釈されるため、複数のパラメータを指定する場合にも二重引用符が必要です。

ブール・パラメータは、YES、Y、ON、TRUE、T、1 のいずれかによってオンになり、NO、N、OFF、FALSE、F、0 のいずれかによってオフになります。パラメータは、大文字と小文字を区別しません。

上記の例では、コマンドをすべて 1 行に入力しています。コマンドを設定ファイルに記述し、サーバ・オプションの @ を使って設定ファイルを呼び出すこともできます。

TCP/IP、HTTP、HTTPS プロトコル・オプション

次に、TCP/IP、HTTP、HTTPS で使用できるオプションを示します。


Broadcast プロトコル・オプション [BCAST]
BroadcastListener プロトコル・オプション [BLISTENER]
certificate_company プロトコル・オプション
certificate_name プロトコル・オプション
certificate_unit プロトコル・オプション
ClientPort プロトコル・オプション [CPORT]
DatabaseName プロトコル・オプション [DBN]
DoBroadcast プロトコル・オプション [DOBROAD]
Host プロトコル・オプション [IP]
Identity プロトコル・オプション
Identity_Password プロトコル・オプション
KeepaliveTimeout プロトコル・オプション [KTO]
LDAP プロトコル・オプション [LDAP]
LocalOnly プロトコル・オプション [LOCAL]
LogFile プロトコル・オプション [LOG]
LogFormat プロトコル・オプション [LF]
LogMaxSize プロトコル・オプション [LSIZE]
LogOptions プロトコル・オプション [LOPT]
MaxConnections プロトコル・オプション [MAXCONN]
MaxRequestSize プロトコル・オプション [MAXSIZE]
MyIP プロトコル・オプション [ME]
ReceiveBufferSize プロトコル・オプション [RCVBUFSZ]
SendBufferSize プロトコル・オプション [SNDBUFSZ]
ServerPort プロトコル・オプション [PORT]
TDS プロトコル・オプション
Timeout プロトコル・オプション [TO]
trusted_certificates プロトコル・オプション
VerifyServerName プロトコル・オプション [VERIFY]