Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの設定 » ユーザ ID、権限、パーミッションの管理 » ユーザのパーミッションと権限の管理の概要

 

パーミッションを付与する権利をユーザに付与する

テーブルとビューに対するパーミッションは、WITH GRANT OPTION を付けて割り当てられます。このオプションは、パーミッションを他のユーザに引き渡す権利を与えます。

Sybase Central では、パーミッション付与についてのオプションを指定できます。ユーザ、グループ、テーブルのプロパティ・ウィンドウで [パーミッション] タブをクリックし、表示されたフィールドをダブルクリックして 2 つの + 記号が付いたチェック・マークを表示します。

注意

WITH GRANT OPTION はユーザにのみ指定できます。グループのメンバは、グループに付与されている WITH GRANT OPTION を継承しません。

M_Haneef にテーブル sample_table からローを削除するパーミッションを付与し、さらにこのパーミッションを他のユーザに渡す権利を付与するには、次の手順に従います。

  1. DBA 権限のあるユーザまたは sample_table の所有者としてデータベースに接続します。

  2. 次の SQL 文を入力して実行します。

    GRANT DELETE ON sample_table
    TO M_Haneef
    WITH GRANT OPTION;

GRANT 文を参照してください。

参照