Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの設定 » ユーザ ID、権限、パーミッションの管理 » ユーザのパーミッションと権限の管理の概要

 

パスワードの設定

ユーザは、データベースに接続可能なパスワードを持っていなければなりません。パスワードは大文字と小文字が区別され、次に該当する値は指定できません。

作成または変更したパスワードは、UTF-8 に変換されてからハッシュされ、データベースに保存されます。データベースをアンロードし、別の文字セットを使用するデータベースに再ロードした場合でも、既存のパスワードは機能します。サーバがクライアントの文字セットを UTF-8 に変換できない場合、パスワードには 7 ビット ASCII 文字を使用することをおすすめします。それ以外の文字を使用すると、パスワードが機能しないことがあります。