Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » レプリケーション » Replication Server を使用したデータのレプリケート » LTM の使用

 

データベース全体のレプリケーション

SQL Anywhere では、ショートカットを使ってデータベース全体をレプリケートするので、データベース内の各テーブルをレプリケートされるテーブルとして設定する必要はありません。

replicate_all と呼ばれる PUBLIC データベース・オプションを、SET OPTION 文を使用して設定できます。レプリケートするデータベース全体を、次のコマンドを使用して指定できます。

SET OPTION PUBLIC.replicate_all='On';

この設定とその他の PUBLIC オプションの設定値を変更するには、DBA 権限が必要です。新しい設定値を有効にするため、データベースを再起動してください。replicate_all オプションは、プロシージャには影響を及ぼしません。replicate_all オプション [Replication Agent]を参照してください。