Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースのモニタリング » SQL Anywhere モニタ » リソースの管理

 

データベース・リソースの修復

リソースを修復すると、該当リソースのモニタリングに必要なデータベース・オブジェクトが再インストールされます。モニタリング・オプションは変更されません。

修復できるのは、SQL Anywhere データベース・リソースだけです。デフォルト・リソースである「SQL Anywhere モニタ」という名前のモニタを修復することはできません。リソースを修復できるのは管理者だけです。リソースを修復するたびに、データベースの DBA ユーザ ID とパスワードを指定する必要があります。

♦  SQL Anywhere リソースを修復するには、次の手順に従います。
  1. [管理] タブをクリックします。

  2. [リソース] タブをクリックします。

  3. 修復するデータベース・リソースを選択します。

  4. 目的のリソースが現在モニタリングされている場合は、[停止] をクリックします。

  5. [修復] をクリックします。

  6. 要求されたら、SQL Anywhere データベースの DBA ユーザ ID とパスワードを入力します。この DBA クレデンシャルはデータベースとの接続に使用され、後で破棄されます。

  7. [修復] をクリックします。

  8. [OK] をクリックします。

  9. リソースのモニタリングを再開します。リソースの管理を参照してください。