Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの保守 » バックアップとデータ・リカバリ » データベースのリカバリ

 

ライブ・バックアップからの再開

ライブ・バックアップは、運用データベースを実行するプライマリ・コンピュータとは別のコンピュータに作成されます。ライブ・バックアップからデータベースを再起動するには、セカンダリ・コンピュータに SQL Anywhere をインストールする必要があります。ライブ・バックアップの詳細については、ライブ・バックアップを参照してください。

♦  ライブ・バックアップを使用してデータベースを再起動するには、次の手順に従います。
  1. フル・バックアップ・トランザクション・ログ・ファイルとライブ・バックアップ・トランザクション・ログを、データベース・ファイルのバックアップ・コピーに適用できるディレクトリにコピーします。

  2. 現在のトランザクション・ログ・ファイル名が予期されるトランザクション・ログ・ファイル名と一致する場合は、名前を変更するか削除します。

  3. データベース・サーバを -ad オプションを指定して起動し、手順 1 で作成したディレクトリにあるトランザクション・ログを適用し、データベースを最新にします。

    dbeng11 samples-dir\demo.db -ad directory-name

    データベース・サーバは、トランザクション・ログが適用されると自動的に停止します。

  4. データベース・サーバを通常どおり起動して、ユーザ・アクセスを許可します。新しいアクティビティは、すべて新しいトランザクション・ログに書き込まれます。

  5. セカンダリ・コンピュータにトランザクション・ログのライブ・バックアップを実行します。

    dbbackup -l path\filename.log -c "connection-string"
参照