Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » データベース・サーバの実行 » データベース・サーバの起動 » データベース・サーバの動作のロギング

 

データベース・サーバ・メッセージをファイルにロギングする

デフォルトでは、データベース・サーバ・メッセージはデータベース・サーバ・メッセージ・ウィンドウに送信されます。また、-o オプションを使用して結果をログ・ファイルにも送信できます。次のコマンドでは、結果を mydbserver_messages.txt という名前のログ・ファイルに送ります。

dbsrv11 -o mydbserver_messages.txt -c ...

データベース・サーバ・メッセージ・ログ・ファイルのサイズを制御したり、ファイルが最大サイズに達したときの処理を指定したりできます。

  • -o オプションを使用して、データベース・サーバ・メッセージ・ログ・ファイルを使用することを指定し、ファイル名を入力します。

  • -ot オプションを使用して、データベース・サーバ・メッセージ・ログ・ファイルを使用することを指定し、ファイル名を入力すると、メッセージが送信される前にログ・ファイルの前の内容が削除されます。

  • -o または -ot に加えて -on オプションを使用してサイズを指定すると、そのサイズに達したときに、これまでのデータベース・サーバ・メッセージ・ログ・ファイルの名前に拡張子 .old が付けられて変更され、元の名前を持つ新しいファイルが使用されます。

  • -o または -ot に加えて -os オプションを使用してサイズを指定すると、そのサイズに達したときに、日付と連番に基づいた新しい名前を持つ新しいデータベース・サーバ・メッセージ・ログ・ファイルが使用されます。

起動エラー、致命的なエラー、アサーションのロギング先をそれぞれ別ファイルにするには、-oe オプションを指定します。

トランザクション・ログを使用した操作を実行するユーティリティで問題が発生する場合があるため、データベース・サーバ・メッセージ・ログ・ファイル名の最後には .log を付けないようにしてください。

参照