Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » データベース・サーバの実行 » 現在のセッション外でのサーバの起動

 

Windows サービスの作成

この項では、Sybase Central とサービス・ユーティリティを使用してサービスを設定する方法について説明します。

♦  新しいサービスを作成するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. 左ウィンドウ枠で、[SQL Anywhere 11] を選択します。

  2. 右ウィンドウ枠で、[サービス] タブをクリックします。

  3. [ファイル] - [新規] - [サービス] を選択します。

  4. サービス作成ウィザードの指示に従います。

ヒント

Mobile Link プラグインのサービスを作成することもできます。現在のセッション外での Mobile Link サーバの起動を参照してください。

♦  新しいサービスを作成するには、次の手順に従います (コマンド・ラインの場合)。

Windows 用サービス・ユーティリティ (dbsvc)を参照してください。

注意
  • サービス名の最初の 8 文字は、ユニークにしてください。

  • サービスを自動で開始するよう選択すると、コンピュータが Windows を起動するときに必ずサービスが開始されます。手動で開始することを選択した場合は、毎回 Sybase Central から開始する必要があります。今後使用するためにサービスを設定する場合は、[無効] を選択します。

  • Sybase Central でサービスを作成する場合は、実行プログラム自体の名前ではなく、実行プログラムのオプションをウィンドウで入力します。たとえば、20 MB のキャッシュ・サイズで myserver という名前のサンプル・データベースを指定して、ネットワーク・サーバを実行する場合は、Sybase Central のサービス作成ウィザード[パラメータ] テキストボックスに次のように入力します。

    -c 20M
    -n myserver samples-dir\demo.db

    改行は任意です。

  • サービスを実行するアカウントを選択します (LocalSystem という特別なアカウントまたは別のユーザ ID)。

    この選択の詳細については、アカウント・オプションの設定を参照してください。

  • Windows のデスクトップからサービスにアクセスできるようにする場合は、[デスクトップとの対話をサービスに許可] チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオフにすると、システム・トレイにはアイコンが表示されず、デスクトップにもウィンドウが表示されません。

Windows サービスの設定を参照してください。