Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » データベース・サーバの実行 » 一般的なオプション

 

特殊モードでの実行

特定の目的のために、SQL Anywhere を特殊モードで実行できます。

  • 読み込み専用   -r オプションを入力すると、データベースを読み込み専用モードで起動できます。監査がオンになっているデータベースを読み込み専用モードで起動することはできません。-r サーバ・オプション-r データベース・オプションを参照してください。

  • イン・メモリ・モード   -im オプションを指定すると、データベースを完全にイン・メモリで実行できます。チェックポイント・モードのみ (-im c) で実行すると、データベース・サーバはトランザクション・ログを使用しませんが、最新のチェックポイントにリカバリできます。非書き込みモード (-im nw) でデータベースを実行すると、コミットされたトランザクションはディスク上のデータベース・ファイルに書き込まれないため、データベースを停止すると、すべての変更は失われます。どちらのイン・メモリ・モードを使用した場合も、データベースがアクティブである間は、アプリケーションから変更を加えたり、アクセスしたりできます。-im サーバ・オプションを参照してください。

    別途ライセンスが必要な必須コンポーネント

    イン・メモリ・モードには別途ライセンスが必要です。別途ライセンスが必要なコンポーネントを参照してください。

  • バルク・ロード   これは、Interactive SQL の INPUT コマンドを使用してデータベースに大量のデータをロードするときに便利です。LOAD TABLE を使用してデータをバルク・ロードする場合は、-b オプションは使用しないでください。-b サーバ・オプションデータのインポートとエクスポートを参照してください。

  • トランザクション・ログなしの起動   -f データベース・オプションは、リカバリ時、つまりトランザクション・ログの消失後にデータベース・サーバを起動したり、トランザクション・ログが見つからないときにデータベース・サーバを起動したりする場合に使用します。-f はデータベース・オプションであり、サーバ・オプションではないことに注意してください。

    リカバリが完了したら、サーバを停止し、-f オプションを指定せずに再起動してください。-f リカバリ・オプションを参照してください。

  • クワイエット・モードで作動する   データベース・サーバはクワイエット・モードをサポートしています。サーバをどのようなクワイエット・モードで操作するかを決定します。クワイエット・モードの範囲には、メッセージやシステム・トレイのアイコンを非表示にするモードから、完全に非表示にするモードまであります。Windows 上のデータベース・サーバを完全に非表示にするモードで操作するには、-qi、-qs、-qw オプションを指定します。これらのオプションを設定すると、すべてのアイコンとすべての起動エラー・メッセージが表示されなくなるので、サーバが実行中であることを視覚的に表示するものがなくなります。データベース・サーバをクワイエット・モードで実行する場合、-o または -oe オプションのいずれか (または両方) を使用してエラーを診断できます。

    -qi と -qs オプションを使用しても、-v (バージョン) と -ep (データベース暗号化パスワードを要求) サーバ・オプションによるウィンドウは表示されることに注意してください。