Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » SQL Anywhere データベース接続 » SQL Anywhere データベース接続の例

 

Sybase Central または Interactive SQL からのサンプル・データベースへの接続

♦  サンプル・データベースに接続するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. [スタート] - [プログラム] - [SQL Anywhere 11] - [Sybase Central] を選択します。

  2. [接続] - [SQL Anywhere 11 に接続] を選択します。

  3. [ODBC データ・ソース名] をクリックし、[参照] をクリックします。

  4. SQL Anywhere 11 Demo を選択し、[OK] をクリックします。

♦  サンプル・データベースに接続するには、次の手順に従います (Interactive SQL の場合)。
  1. [スタート] - [プログラム] - [SQL Anywhere 11] - [Interactive SQL] を選択します。

  2. [ODBC データ・ソース名] をクリックし、[参照] をクリックします。

  3. SQL Anywhere 11 Demo を選択し、[OK] をクリックします。

注意

この接続では、ユーザ ID とパスワードはすでにデータ・ソースにあるので入力する必要はありません。

♦  サンプル・データベースに接続するには、次の手順に従います (データベース・ファイルのロケーションを指定する場合)
  1. Sybase Central または Interactive SQL で、[接続] ウィンドウを開きます。

  2. [ID] タブをクリックします。

  3. [ユーザ ID] フィールドに DBA と入力します。

  4. [パスワード] フィールドに sql と入力します。

  5. [データベース] タブをクリックします。

  6. [データベース名] フィールドに demo.db と入力します。

  7. [データベース・ファイル] フィールドで samples-dir まで移動します。Microsoft Windows XP オペレーティング・システムの場合、デフォルト・ロケーションは C:\Documents and Settings\All Users\Documents\SQL Anywhere 11\Samples\demo.db です。

    samples-dir の詳細については、サンプル・ディレクトリを参照してください。

  8. [OK] をクリックします。