Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » レプリケーション » Replication Server を使用したデータのレプリケート » Replication Server のデータベースの設定

 

Replication Server のデータベースの設定

SQL Anywhere データベースと、データベース内の必要なテーブルなどを作成したら、データベースを Replication Server で使用できるように準備してください。それには、SQL Anywhere Replication Agent 製品に付属の設定スクリプトを使用します。このスクリプトの名前は、rssetup.sql です。

設定スクリプトを実行する必要があるとき

Replication Server インストール環境に加わる SQL Anywhere データベースは、プライマリ・サイトまたはレプリケート・サイトのどちらとして加わるかにかかわらず、必ず設定スクリプトを実行する必要があります。

設定スクリプトの機能

設定スクリプトは、データベースへの接続時に Replication Server に必要なユーザ ID を作成します。また、Replication Server が使用する一連のストアド・プロシージャとテーブルも作成します。テーブルは rs_ という文字で始まり、プロシージャは sp_ という文字で始まります。プロシージャには、文字セットと言語を設定するのに重要なものがあります。


設定スクリプトを実行する準備
設定スクリプトの実行