Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » 接続パラメータとネットワーク・プロトコル・オプション » 接続パラメータ

 

ServerName 接続パラメータ [ENG]

接続する実行中のデータベース・サーバ名を指定します。これは EngineName の同意語です。

使用法

ネットワーク・サーバまたはパーソナル・サーバ

文字列

デフォルト

デフォルトのローカル・データベース・サーバ

備考

データベース・サーバは起動するとき、そのコンピュータのデフォルトのデータベース・サーバになろうとします。デフォルトのサーバがない場合、最初に起動したデータベース・サーバが、デフォルトのデータベース・サーバになります。そのコンピュータで、データベース・サーバ名を明示的に指定しないで共有メモリに接続しようとすると、デフォルトのサーバに接続されます。

デフォルトのローカル・データベース・サーバに接続する場合は、ServerName は必要ありません。

複数のローカル・データベース・サーバが実行中であるか、またはネットワーク・サーバに接続する場合は、ServerName を指定する必要があります。[接続] ウィンドウや [SQL Anywhere 11 の ODBC 設定] ウィンドウの場合、[サーバ名] フィールドがこれに相当します。

サーバを自動的に起動する場合、このパラメータを使ってサーバ名を指定できます。

サーバ名は、クライアント・コンピュータの文字セットに従って解釈されます。サーバ名に非 ASCII 文字を使用することは推奨できません。

この名前は、有効な識別子であることが必要です。データベース・サーバ名には、次に該当する値を指定できません。

Windows と UNIX では、データベース・サーバがバージョン 10.0.0 以降で、名前が次の長さを超えている場合、バージョン 9.0.2 以前のクライアントから接続することはできません。

注意

配備されたアプリケーションの接続文字列には、ServerName パラメータを含めることをおすすめします。これにより、コンピュータで複数の SQL Anywhere データベース・サーバが実行されている場合に、アプリケーションが確実に正しいサーバに接続できるため、タイミングに依存する接続エラーを防ぐことができます。

配備されたアプリケーションで使用されているデータベース・サーバには -xd オプションを使用すること、またすべてのクライアントが、ENG 接続パラメータを使用して、接続先のデータベース・サーバ名を明示的に指定することをおすすめします。このようにすると、コンピュータで複数の SQL Anywhere データベース・サーバが実行されているときに、データベースが正しいデータベース・サーバに接続します。

参照

サーバ Guelph に接続します。

ENG=Guelph