Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの設定 » SQL Anywhere の環境変数

 

SQLCONNECT 環境変数

データベース・サーバへの接続時に使用する追加の接続パラメータを指定します。

構文
SQLCONNECT=parameter=value; ...
備考

この文字列は、parameter=value 形式のパラメータ設定をセミコロンで区切ったリストで指定します。

接続文字列ですでに指定されている場合、SQLCONNECT 環境変数によって指定された接続パラメータは使用されません。

サポートされている接続パラメータの詳細については、接続パラメータを参照してください。

パスワードのセキュリティ・リスク

パスワードはプレーン・テキストなので、それを SQLCONNECT 環境変数に含めることはセキュリティ・リスクとなります。

参照