Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » データベース・サーバの実行 » SQL Anywhere データベース・サーバ実行の概要 » 第一段階

 

データベース・サーバの起動

データベースの開始方法は、使用するオペレーティング・システムによって若干違いがあります。この項では、サポートされている各オペレーティング・システムで、デフォルトの設定値を使用して単一のデータベースを実行する場合のコマンドの入力方法について説明します。

注意
  • 特に指定のないかぎり、これらのコマンドは、パーソナル・サーバ (dbeng11) を起動します。ネットワーク・サーバを起動する場合は、dbeng11dbsrv11 に置き換えてください。

  • データベース・ファイルがコマンドを開始するディレクトリに含まれている場合は、path を指定する必要はありません。

  • database-file にファイルの拡張子を指定しないと、拡張子は .db であると見なされます。

♦  デフォルト・オプションを使用してパーソナル・データベース・サーバを起動するには、次の手順に従います (Windows Mobile 以外の Windows の場合)。

Windows Mobile でのデータベース・サーバの起動については、Windows Mobile デバイスで実行中のデータベースへの接続を参照してください。

♦  デフォルト・オプションを使用してパーソナル・データベース・サーバを起動するには、次の手順に従います (UNIX の場合)。