Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » 接続パラメータとネットワーク・プロトコル・オプション » 接続パラメータ

 

StartLine 接続パラメータ [START]

アプリケーションからパーソナル・データベース・サーバを起動します。

使用法

組み込みデータベース

文字列

デフォルト

StartLine パラメータはありません。

備考

現在実行中でないデータベース・サーバに接続するときにかぎり、StartLine (START) 接続パラメータを指定します。StartLine 接続パラメータは、パーソナル・データベース・サーバを起動するコマンド・ラインです。CommLinks [LINKS] パラメータに TCPIP が含まれる場合、データベース・サーバは自動的には起動されません。

注意

データベース名、データベース・ファイル、サーバを指定する場合は、StartLine 接続パラメータではなく、DBN、DBF、ENG 接続パラメータを使用することをおすすめします。

次のコマンドでは、推奨される構文が使用されています。

START=dbeng11 -c 8M;ENG=mydb;DBN=mydb;DBF=c:\sample.db

次の構文はおすすめしません。

START=dbeng11 -c 8M -n mydb "c:\sample.db"

使用可能なオプションの詳細については、SQL Anywhere データベース・サーバを参照してください。

注意

StartLine 接続パラメータは、データベース・サーバを起動するために使用します。このパラメータを使用できるのは、指定したデータベース・サーバに接続できない場合、またはすでに実行されているデータベース・サーバ上でデータベースの起動および接続を行うことができない場合だけです。たとえば、次のように、データベースを実行するデータベース・サーバを起動するとします。

dbeng11 c:\mydb.db

別のデータベースに接続します (ENG 接続パラメータを使用したデータベース・サーバ名の指定は行いません)。

dbisql -c "START=dbsrv11 -c 8M;DBN=seconddb;DBF=c:\myseconddb.db;UID=DBA;PWD=sql"

この場合、dbsrv11 データベース・サーバは起動しません。その代わりに、mydb.db の起動に使用された dbeng11 データベース・サーバが、myseconddb.db を起動して接続するために使用されます。

ただし、ENG=server-name が指定されており、server-name という名前のデータベース・サーバが実行されていない場合は、dbsrv11 データベース・サーバが起動されます。

参照

次のデータ・ソース・フラグメントは、8 MB のキャッシュでパーソナル・データベース・サーバを起動します。

StartLine=dbeng11 -c 8M;DBF=samples-dir\demo.db

samples-dir の詳細については、サンプル・ディレクトリを参照してください。