Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » チュートリアル:サンプル・データベースの使用

 

レッスン 1:サンプル・データベースのコピーの作成

このチュートリアルでは、サンプル・データベースに重点を置きます。サンプル・データベースは、限られた種類のスポーツ衣料品を製造する小企業を想定して作られています。データベースには、この企業の内部情報 (従業員、部署、経理データ)、製品情報 (製品)、販売情報 (受注、顧客、連絡先) が入っています。サンプル・データベースに入っている情報は、すべて架空のものです。サンプル・データベースについてを参照してください。

始める前に、サンプル・データベースのコピーを作成し、変更後にリストアできるようにしておきます。

♦  サンプル・データベースのコピーを作成するには、次の手順に従います。
  1. このチュートリアルで使用するサンプル・データベースのコピーを保存するディレクトリ (c:\demodb など) を作成します。

  2. サンプル・データベースを samples-dir\demo.db から c:\demodb にコピーします。

    samples-dir の詳細については、サンプル・ディレクトリを参照してください。