Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの設定 » データベース・オプション » データベース・オプションの概要 » アルファベット順のオプション・リスト

 

string_rtruncation オプション [互換性]

文字列がトランケートされた場合にエラーを発生させるかどうかを決定します。

指定可能な値

On、Off

デフォルト

On

備考

トランケート文字がスペースだけで構成されている場合、例外は発生しません。On に設定すると、ANSI/ISO SQL/2003 の動作に対応します。Off に設定すると、例外は発生せず、文字列は何も通知されずにトランケートされます。

文字列のトランケートは、さまざまな場所で発生する可能性があります。たとえば、INSERT、UPDATE、CAST 文を使用したり、変数に割り当てたりすると、宣言したデータ型が短すぎた場合、文字列がトランケートされる場合があります。

参照