Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » データベース・サーバ » データベース・サーバ・オプション

 

-ti サーバ・オプション

非アクティブ接続を切断します。

構文
{ dbsrv11 | dbeng11 } -ti minutes ...
適用対象

すべてのオペレーティング・システムとデータベース・サーバ

備考

minutes で指定された時間の間、要求を送信しなかった接続を切断します。デフォルト値は 240 (4 時間) です。最大値は 32767 です。データベース・トランザクション処理中のクライアント・コンピュータは、トランザクションが終了するか、接続が切断されるまでロックされます。-ti オプションを指定すると、非アクティブ接続が切断され、ロックが解除されます。

ほとんどの接続はネットワーク・リンク (TCP) 経由で行われているため、-ti オプションは dbsrv11 と一緒に使用すると非常に便利です。

-ti オプションは、ローカル TCP/IP 接続の場合のみ dbeng11 と 一緒に使用すると便利です。-ti を使用しても、共有メモリを使用しているローカル・サーバへの接続には影響しません。

値を 0 に設定すると、非アクティブ接続は検査されず、接続が切断されません。

参照