Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの保守 » バックアップとデータ・リカバリ

 

バックアップとリカバリのプランの設計

データを保護するため、バックアップのスケジュールを立て、実行することをおすすめします。また、バックアップとリカバリのプランの一環として、バックアップとリカバリのコマンドを作成し、テストしてください。

バックアップとリカバリのプランを立てるときには、次のような点を検討する必要があります。

  • データベース・ファイルの場所

  • バックアップが必要なファイル

  • バックアップ・ファイルの保存場所

  • データベースまたはアプリケーションのパフォーマンスに対するバックアップの影響

  • データベース・サーバの稼働中にバックアップを実行するのか

一般に、バックアップは次の場合に必要です。

一般に、バックアップには、フル・バックアップとインクリメンタル・バックアップを組み合わせて使用します。各バックアップの頻度は、保護するデータの種類によって異なります。また、バックアップは、リカバリに使用できることを確認するために検証する必要があります。バックアップの検証を参照してください。

SQL Anywhere のスケジュール機能を使用して、データベースをバックアップするタスクを自動化できます。スケジュールを指定しておくと、以後データベース・サーバによってバックアップが自動的に実行されます。スケジュールとイベントの使用によるタスクの自動化メンテナンス・プランの作成を参照してください。

データベースを使用する組織がどれだけの時間データベース内のデータにアクセスしなくても支障がないかによって、リカバリに割り当てられる時間の上限が決まります。

データベース・ファイルとトランザクション・ログ・ファイルのメディア障害に対して、必要な保護措置が取られていることを確認してください。レプリケーション環境で作業している場合は、トランザクション・ログ・ミラーの使用を検討してください。メディア障害に対する保護を参照してください。

リカバリの所要時間は、使用可能なハードウェア、データベース・ファイルのサイズ、リカバリに使用する媒体、ディスク領域、予期しないエラーなどの外部要因の影響を受けます。バックアップ方式を計画するときには、リカバリ・コマンドの入力、テープの検索やロードなどのタスクにかかる時間も考慮してリカバリの所要時間を決めてください。

参照

バックアップとリカバリのプランの実行
スケジュールに関する考慮事項
メンテナンス・プランの作成
メディア障害に対する保護