Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの設定 » ユーザ ID、権限、パーミッションの管理 » グループの管理

 

特殊なグループ

データベースを作成すると、SYS、PUBLIC、dbo の各グループも自動的に作成されます。どのグループもパスワードを持たないため、SYS、PUBLIC、dbo でデータベースに接続することはできません。しかし、これらのグループはデータベース中で重要な働きをします。

SYS グループ

SYS グループは、全データベース・オブジェクトと全ユーザ ID を含む、完全なデータベース・スキーマを記述するシステム・テーブルとビューを所有します。

システム・テーブルとビューの詳細およびテーブルへのアクセス権については、テーブルシステム・ビューを参照してください。

PUBLIC グループ

PUBLIC グループは、システム・テーブルに対する SELECT パーミッションを持ちます。また、PUBLIC グループは SYS グループのメンバであり、システム・テーブルとビューへの読み込みアクセス権を受け継いでいます。したがって、データベースのユーザは誰でもデータベース・スキーマについて知ることができます。このアクセスを制限するには、PUBLIC から SYS グループのメンバシップを取り消します。

新しいユーザ ID は自動的に PUBLIC グループのメンバとなり、DBA 権限を持つユーザによってそのグループ明示的に付与されたパーミッションをすべて継承します。必要に応じてユーザごとに PUBLIC グループのメンバシップを取り消すこともできます。

dbo グループ

dbo グループは、多数のシステム・ストアド・プロシージャやビューを所有しています。dbo グループは、SYS グループのメンバです。PUBLIC グループは、dbo グループのメンバです。dbo グループは、Ultra Light と Mobile Link に使用するテーブルも所有しています。