Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの設定 » 国際言語と文字セット » 文字セットの知識

 

Windows 環境の ANSI コード・ページと OEM コード・ページ

Windows の場合、2 つのコード・ページが使用されています。Windows グラフィカル・ユーザ・インタフェースを使用するアプリケーションでは、Windows コード・ページが使用されます。Windows コード・ページには、ISO 文字セットおよび ANSI 文字セットとの互換性があります。このようなコード・ページは、しばしば「ANSI コード・ページ」と呼ばれます。

Windows で動作する文字モード・アプリケーション (コマンド・プロンプト・ウィンドウを使用するアプリケーション) は DOS で使用されていたコード・ページを使用します。これは歴史的な理由から「OEM コード・ページ」 (Original Equipment Manufacturer) と呼ばれます。

SQL Anywhere は、OEM と ANSI コード・ページの両方に基づいた照合をサポートします。OEM 照合は互換性確保のためにサポートされていますが、新しいデータベースでは使用しないでください。サポートされている照合と代替照合を参照してください。