Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » データベース・サーバの実行 » データベースの開始と停止

 

データベースの起動

Sybase Central と Interactive SQL のどちらの場合も、アプリケーションに接続しないでデータベースを起動できます。

♦  接続しないでサーバ上でデータベースを起動するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. サーバを選択し、[ファイル] - [データベースの開始] を選択します。

  2. [データベースの開始] ウィンドウに必要な値を入力します。

    データベースが、データベース・サーバの下に未接続のデータベースとして表示されます。

♦  接続しないでサーバ上でデータベースを起動するには、次の手順に従います (SQL の場合)。

START DATABASE 文を参照してください。

sample データベース・サーバ上で、データベース・ファイル c:\temp\temp.db を起動します。

START DATABASE 'c:\\temp\\temp.db'
AS tempdb ON 'sample'
AUTOSTOP OFF;

別のデータベースを起動するには、データベースに接続されている必要があります。

AUTOSTOP OFF を使用すると、データベースはすべての接続が切断されても自動的には停止されません。ここで AUTOSTOP OFF は、後述するポイントを示すために使用しています。

データベースの起動の詳細については、データベース・サーバの実行を参照してください。