Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » SQL Anywhere .NET データ・プロバイダ » SQL Anywhere .NET データ・プロバイダの配備

 

SQL Anywhere .NET データ・プロバイダに必要なファイル

SQL Anywhere .NET データ・プロバイダは、プラットフォームごとに 2 つの DLL から成ります。

Windows に必要なファイル

Windows (Windows Mobile を除く) の場合、次の DLL が必要です。

  • install-dir\Assembly\v2\iAnywhere.Data.SQLAnywhere.dll

ファイル iAnywhere.Data.SQLAnywhere.dll は、Visual Studio プロジェクトによって参照される DLL です。この DLL は .NET Framework バージョン 2.0 以降のアプリケーションで必要です。

Windows Mobile に必要なファイル

Windows Mobile の場合、次の DLL が必要です。

  • install-dir\ce\Assembly\v2\iAnywhere.Data.SQLAnywhere.dll

ファイル iAnywhere.Data.SQLAnywhere.dll は、Visual Studio プロジェクトによって参照される DLL です。この DLL は .NET Compact Framework バージョン 2.0 以降のアプリケーションで必要です。

Visual Studio は、.NET データ・プロバイダ DLL (iAnywhere.Data.SQLAnywhere.dll) をプログラムとともにデバイスに配備します。Visual Studio を使用していない場合は、データ・プロバイダ DLL をプログラムとともにデバイスにコピーする必要があります。この DLL は、アプリケーションと同じディレクトリまたは Windows ディレクトリに配置できます。


SQL Anywhere .NET データ・プロバイダ DLL の登録