Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » SQL Anywhere Web サービス

 

自動文字セット変換の使用

デフォルトで、文字セット変換はテキスト・タイプの出力結果セットで自動的に実行されます。バイナリ・オブジェクトなどの他のタイプの結果セットでは変換されません。要求の文字セットはデータベースの文字セットに変換され、必要に応じて結果セットはデータベースの文字セットからクライアントの文字セットに変換されます。結果セットのバイナリ・カラムは変換されません。要求に処理可能な文字セットが複数リストされている場合、サーバがリストの中から最初に検出した最適なものを使用します。

文字セット変換は、HTTP オプションの CharsetConversion を設定することで有効または無効にできます。使用できる値は ON と OFF です。デフォルト値は ON です。次の文は、文字セットの変換をオフにします。

CALL sa_set_http_option( 'CharsetConversion', 'OFF' );

組み込みのストアド・プロシージャの詳細については、システム・プロシージャのアルファベット順リストを参照してください。