Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » SQL Anywhere ODBC API

 

ODBC 接続関数の選択

ODBC には、一連の接続関数が用意されています。どの接続関数を使用するかは、アプリケーションの配備方法と使用方法によって決まります。

  • SQLConnect   最も簡単な接続関数です。

    SQLConnect は、データ・ソース名と、オプションでユーザ ID とパスワードをパラメータに取ります。データ・ソース名をアプリケーションにハードコードする場合は、SQLConnect を使用します。

    詳細については、Microsoft の『ODBC Programmer's Reference』の「[external link] SQLConnect」を参照してください。

  • SQLDriverConnect   接続文字列を使用してデータ・ソースに接続します。

    SQLDriverConnect を使用すると、アプリケーションはデータ・ソースの外部にある SQL Anywhere 固有の接続情報を使用できます。また、SQL Anywhere ドライバに対して接続情報を確認するように要求できます。

    データ・ソースを指定しないで接続することもできます。

    詳細については、Microsoft の『ODBC Programmer's Reference』の「[external link] SQLDriverConnect」を参照してください。

  • SQLBrowseConnect   SQLDriverConnect と同様に、接続文字列を使用してデータ・ソースに接続します。

    SQLBrowseConnect を使用すると、アプリケーションは独自のウィンドウを構築して、接続情報を要求するプロンプトを表示したり、特定のドライバ (この場合は SQL Anywhere ドライバ) で使用するデータ・ソースを参照したりできます。

    詳細については、Microsoft の『ODBC Programmer's Reference』の「[external link] SQLBrowseConnect」を参照してください。

接続文字列に使用できる接続パラメータの詳細リストについては、接続パラメータを参照してください。


接続の確立