Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » SQL Anywhere Embedded SQL » ライブラリ関数のリファレンス

 

db_delete_file 関数

プロトタイプ
void db_delete_file(
SQLCA * sqlca, 
char * filename );
権限

DBA 権限または REMOTE DBA 権限 (SQL Remote の場合) のあるユーザ ID で接続します。

説明

db_delete_file 関数は、データベース・サーバに filename を削除するように要求します。この関数は、トランザクション・ログをバックアップして名前を変更した後で、古い方のトランザクション・ログを削除するために使用することができます。db_backup 関数の DB_BACKUP_READ_RENAME_LOG に関する説明を参照してください。

DBA 権限のあるユーザ ID で接続します。