Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » SQL Anywhere Embedded SQL » ライブラリ関数のリファレンス

 

db_init 関数

プロトタイプ
int db_init( SQLCA * sqlca );
説明

この関数は、データベース・インタフェース・ライブラリを初期化します。この関数は、他のライブラリが呼び出される前、および Embedded SQL 文が実行される前に呼び出します。インタフェース・ライブラリがプログラムのために必要とするリソースは、この呼び出しで割り付けられて初期化されます。

正常終了すると 1 を返し、それ以外は 0 を返します。

プログラムの最後でリソースを解放するには db_fini を使用します。処理中にエラーが発生した場合は、SQLCA に渡されて 0 が返されます。エラーがなかった場合は、0 以外の値が返され、Embedded SQL 文と関数の使用を開始できます。

通常は、この関数を一度だけ呼び出して、ヘッダ・ファイル sqlca.h に定義されているグローバル変数 sqlca のアドレスを渡してください。DLL または Embedded SQL を使用する複数のスレッドがあるアプリケーションを作成する場合は、使用する SQLCA ごとに 1 回ずつ db_init を呼び出します。

詳細については、マルチスレッドまたは再入可能コードでの SQLCA 管理を参照してください。

Ultra Light アプリケーションで db_init を使用する方法については、db_init 関数を参照してください。