Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » SQL Anywhere Embedded SQL » ライブラリ関数のリファレンス

 

db_string_disconnect 関数

プロトタイプ
unsigned int db_string_disconnect(
    SQLCA * sqlca, 
    char * parms );
引数
  • sqlca   SQLCA 構造体へのポインタ。詳細については、SQLCA (SQL Communication Area)を参照してください。

  • parms   NULL で終了された文字列で、KEYWORD=value 形式のパラメータ設定をセミコロンで区切ったリストが含まれています。次に例を示します。
    "UID=DBA;PWD=sql;DBF=c:\\db\\mydatabase.db"

    接続パラメータのリストについては、接続パラメータを参照してください。

説明

この関数は、ConnectionName パラメータで識別される接続を解除します。他のパラメータはすべて無視されます。

文字列に ConnectionName パラメータを指定しない場合は、無名の接続が解除されます。これは、Embedded SQL DISCONNECT 文と同等の機能です。接続に成功した場合、戻り値は TRUE です。エラー情報は SQLCA に返されます。

この関数は、AutoStop=yes パラメータを使用して起動されたデータベースへの接続が他にない場合は、そのデータベースを停止します。また、サーバが AutoStop=yes パラメータを使用してすでに起動されており、実行中のデータベースが他にない場合も、サーバは停止します。