Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データベース・ツール・インタフェース » データベース・ツール・インタフェース » DBTools 関数

 

DBCreatedVersion 関数

データベース・ファイルを作成した SQL Anywhere のバージョンをデータベースを起動せずに判別します。現在、この関数はバージョン 10 または 11と、10 以前のデータベースを区別するだけです。

プロトタイプ
short DBCreatedVersion ( a_db_version_info * );
パラメータ

構造体へのポインタ。a_db_version_info 構造体を参照してください。

戻り値

ソフトウェア・コンポーネントの終了コードにリストされているリターン・コード。

備考

成功したことを示すリターン・コードが返された場合、a_db_version_info 構造体の created_version フィールドには、データベースを作成した SQL Anywhere のバージョンを示す a_db_version の値が含まれます。可能な値の定義については、a_db_version 列挙を参照してください。

失敗したことを示すコードが返された場合、バージョン情報は設定されません。

参照