Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere でのプログラミングの概要 » 3 層コンピューティングと分散トランザクション » 3 層コンピューティングのアーキテクチャ

 

3 層コンピューティングにおける分散トランザクション

クライアント・アプリケーションまたはアプリケーション・サーバが SQL Anywhere などの単一のトランザクション処理データベースとともに動作するときは、データベース自体の外部にトランザクション論理は必要ありません。しかし、複数のリソース・マネージャとともに動作するときは、トランザクションで使用される複数のリソースにわたってトランザクション制御を行う必要があります。アプリケーション・サーバは、クライアント・アプリケーションにトランザクション論理を提供し、一連の操作がアトミックに実行されることを保証します。

Sybase EAServer をはじめとする多くのトランザクション・サーバは、Microsoft DTC (分散トランザクション・コーディネータ) を使用して、クライアント・アプリケーションにトランザクション・サービスを提供します。DTC は「OLE トランザクション」を使用します。OLE トランザクションは「2 フェーズ・コミット」のプロトコルを使用して、複数のリソース・マネージャに関わるトランザクションを調整します。この章で説明する機能を使用するには、DTC がインストールされている必要があります。

分散トランザクションにおける SQL Anywhere

DTC が調整するトランザクションに SQL Anywhere を追加できます。つまり、Sybase EAServer や Microsoft Transaction Server などのトランザクション・サーバを使用して、SQL Anywhere データベースを分散トランザクションの中で使用できます。また、アプリケーションの中で直接 DTC を使用して、複数のリソース・マネージャにわたるトランザクションを調整することもできます。