Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » SQL Anywhere .NET 2.0 API リファレンス » iAnywhere.Data.SQLAnywhere ネームスペース (.NET 2.0) » SABulkCopyColumnMappingCollection クラス » Add メソッド

 

Add(String, Int32) メソッド

カラム名を使用してソース・カラムを参照し、カラムの順序を使用して送信先カラムを参照する、新しい SABulkCopyColumnMapping オブジェクトを作成し、このマッピングをコレクションに追加します。

カラムの順序または名前を使用してソース・カラムと送信先カラムを参照する、新しいカラム・マッピングを作成します。

構文
Visual Basic

Public Function Add( _
   ByVal sourceColumn As String, _
   ByVal destinationColumnOrdinal As Integer _
) As SABulkCopyColumnMapping
C#

public SABulkCopyColumnMapping Add(
   string  sourceColumn,
   int destinationColumnOrdinal
);
パラメータ
  • sourceColumn   データ・ソース内のソース・カラムの名前。

  • destinationColumnOrdinal   送信先テーブル内の送信先カラムの順序位置。

備考

制限:SABulkCopyColumnMappingCollection クラスは、.NET Compact Framework 2.0 では使用できません。

参照