Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » SQL Anywhere .NET 2.0 API リファレンス » iAnywhere.Data.SQLAnywhere ネームスペース (.NET 2.0) » SADataReader クラス

 

GetSchemaTable メソッド

SADataReader のカラム・メタデータが記述された DataTable を返します。

構文
Visual Basic

Public Overrides Function GetSchemaTable() As DataTable
C#

public override DataTable GetSchemaTable();
戻り値

カラム・メタデータが記述された DataTable。

備考

このメソッドは、各カラムに関するメタデータを次の順で返します。

DataTable カラム

説明

ColumnName カラムの名前。カラムに名前がない場合は NULL 参照 (Visual Basic の Nothing)。SQL クエリでカラムのエイリアスが使用されている場合は、そのエイリアスが返されます。結果セットでは、すべてのカラムに名前があるとは限らないほか、すべてのカラム名がユニークであるとは限りません。
ColumnOrdinal カラムの ID。値の範囲は、[0, FieldCount -1] です。
ColumnSize サイズ指定されたカラムの場合、カラムの値の最大長。その他のカラムの場合、これは、そのデータ型のバイト単位のサイズです。
NumericPrecision 数値カラムの精度。カラムが数値型ではない場合は DBNull。
NumericScale 数値カラムの位取り。カラムが数値型ではない場合は DBNull。
IsUnique カラムが取得元のテーブル (BaseTableName) でユニークな非計算カラムである場合は true。
IsKey カラムが、結果セットのユニーク・キーからともに取得された結果セットの一連のカラムのいずれかである場合は true。IsKey が true に設定されたカラムのセットは、結果セット内のローをユニークに識別する最小限のセットである必要はありません。
BaseServerName SADataReader が使用する SQL Anywhere データベース・サーバの名前。
BaseCatalogName カラムが含まれているデータベース内のカタログの名前。値は常に DBNull です。
BaseColumnName データベースのテーブル BaseTableName にあるカラムの元の名前。カラムが計算される場合、およびこの情報を特定できない場合は DBNull です。
BaseSchemaName カラムが含まれているデータベース内のスキーマの名前。
BaseTableName カラムが含まれているデータベースのテーブルの名前。カラムが計算される場合、およびこの情報を特定できない場合は DBNull です。
DataType この型のカラムに最適な .NET データ型。
AllowDBNull カラムが NULL 入力可である場合は true、NULL 入力不可である場合またはこの情報を特定できない場合は false。
ProviderType カラム型
IsAliased カラム名がエイリアスの場合は true、エイリアスでない場合は false。
IsExpression カラムが式の場合は true、カラム値の場合は false。
IsIdentity カラムが identity カラムである場合は true、identity カラムでない場合は false。
IsAutoIncrement カラムがオートインクリメント・カラムまたはグローバル・オートインクリメント・カラムである場合は true、それ以外のカラムである場合 (または、この情報を特定できない場合) は false。
IsRowVersion 書き込みできない永続的なロー識別子がカラムに含まれており、ローを識別する以外は意味を持たない値がカラムにある場合は true。
IsHidden カラムが非表示の場合は true、表示される場合は false。
IsLong カラムが long varchar、long nvarchar、または long binary の場合は true、それ以外の場合は false。
IsReadOnly カラムが読み込み専用である場合は true、カラムが修正可能であるか、カラムのアクセス権を特定できない場合は false。

これらのカラムの詳細については、.NET Framework のマニュアルの SqlDataReader.GetSchemaTable を参照してください。

詳細については、DataReader スキーマ情報の取得を参照してください。

参照