Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » SQL Anywhere .NET 2.0 API リファレンス » iAnywhere.Data.SQLAnywhere ネームスペース (.NET 2.0) » SADataSourceEnumerator クラス

 

GetDataSources メソッド

参照可能なすべての SQL Anywhere データベース・サーバに関する情報が含まれる DataTable を取得します。

構文
Visual Basic

Public Overrides Function GetDataSources() As DataTable
C#

public override DataTable GetDataSources();
備考

返されるテーブルは、ServerName、IPAddress、PortNumber、DataBaseNames という 4 つのカラムで構成されます。テーブルには、有効なデータベース・サーバごとに 1 つのローがあります。

次のコードは、有効な各データベース・サーバに関する情報を DataTable に設定します。

DataTable servers = SADataSourceEnumerator.Instance.GetDataSources();
参照