Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere の配備 » データベースとアプリケーションの配備

 

インストール・ディレクトリとファイル名の知識

配備されたアプリケーションが正しく動作するためには、データベース・サーバとクライアント・アプリケーションがそれぞれ必要とするファイルを見つけることができなければなりません。配備ファイルは、使用する SQL Anywhere のインストール環境と互いに同じ形式で置いてください。

これは、実際には、各 Windows 上の単一のディレクトリにほとんどのファイルを置くということです。たとえば、Windows では、クライアントとデータベース・サーバの両方が必要とするファイルは単一のディレクトリ、つまりこの場合には SQL Anywhere インストール・ディレクトリの bin32 サブディレクトリにインストールされます。

ソフトウェアがファイルを探す場所の詳細については、SQL Anywhere のファイル検索方法を参照してください。


Linux、UNIX、Mac OS X の場合の配備
ファイルの命名規則