Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere データ・アクセス API » SQL Anywhere JDBC ドライバ » jConnect JDBC ドライバの使用

 

jConnect システム・オブジェクトのデータベースへのインストール

jConnect を使用してシステム・テーブル情報 (データベース・メタデータ) にアクセスする場合は、jConnect システム・オブジェクトをデータベースに追加してください。

jConnect システム・オブジェクトは、データベースの作成時、またはその後でも、データベースのアップグレードを実行してデータベースに追加できます。データベースは、Sybase Central や dbupgrad ユーティリティでアップグレードできます。

Windows Mobile

jConnect システム・オブジェクトは Windows Mobile データベースに追加しないでください。Windows Mobile での jConnect の使用を参照してください。

警告

必ずデータベース・ファイルをバックアップしてからアップグレードしてください。既存のファイルにアップグレードを適用した場合、アップグレードに失敗すると、これらのファイルは使用できなくなります。データベースのバックアップの詳細については、バックアップとデータ・リカバリを参照してください。

♦  データベースに jConnect システム・オブジェクトを追加するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. DBA ユーザとして Sybase Central からデータベースに接続します。

  2. 必要に応じてデータベースを選択し、[ツール] - [SQL Anywhere 11] - [データベースのアップグレード] を選択します。

  3. データベース・アップグレード・ウィザードの指示に従います。

♦  データベースに jConnect システム・オブジェクトを追加するには、次の手順に従います (dbupgrad の場合)。