Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere でのプログラミングの概要 » SQL Anywhere データ・アクセス・プログラミング・インタフェース

 

SQL Anywhere の .NET サポート

ADO.NET は、ODBC、OLE DB、ADO について Microsoft の最新のデータ・アクセス API です。ADO.NET は、Microsoft .NET Framework に適したデータ・アクセス・コンポーネントであり、リレーショナル・データベース・システムにアクセスできます。

SQL Anywhere .NET データ・プロバイダは、iAnywhere.Data.SQLAnywhere ネームスペースを実装しており、.NET でサポートされている任意の言語 (C# や Visual Basic .NET など) でプログラムを作成したり、SQL Anywhere データベースからデータにアクセスしたりできます。

.NET データ・アクセスの概要については、Microsoft の「[external link] .NET データ アクセス アーキテクチャ ガイド」を参照してください。

ADO.NET アプリケーション

オブジェクト指向型言語を使用してインターネットおよびイントラネットのアプリケーションを開発し、ADO.NET データ・プロバイダを使用してアプリケーションを SQL Anywhere に接続できます。

ADO.NET データ・プロバイダに、組み込みの XML と Web サービス機能、Mobile Link 同期用の .NET スクリプト機能、ハンドヘルド・データベース・アプリケーション開発用の Ultra Light .NET コンポーネントを組み合わせることで、SQL Anywhere を .NET フレームワークに統合できるようになります。

ADO.NET データ・プロバイダを使用して SQL Anywhere に接続するアプリケーション。
参照