Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - プログラミング » SQL Anywhere でのプログラミングの概要 » 3 層コンピューティングと分散トランザクション

 

3 層コンピューティングと分散トランザクションの概要

SQL Anywhere は、データベースとして使用するほかに、トランザクション・サーバによって調整された分散トランザクションに関わる「リソース・マネージャ」として使用できます。

3 層環境では、クライアント・アプリケーションと一連のリソース・マネージャの間にアプリケーション・サーバを置きますが、これが一般的な分散トランザクション環境です。Sybase EAServer と他のアプリケーション・サーバの一部もトランザクション・サーバです。

Sybase EAServer と Microsoft Transaction Server はともに、Microsoft DTC (分散トランザクション・コーディネータ) を使用してトランザクションを調整します。SQL Anywhere は、DTC サービスによって制御された分散トランザクションをサポートします。そのため、前述したアプリケーション・サーバのいずれかとともに、または DTC モデルに基づくその他のどのような製品とでも、SQL Anywhere を使用できます。

SQL Anywhere を 3 層環境に統合する場合、作業のほとんどをアプリケーション・サーバから行う必要があります。この章では、3 層コンピューティングの概念とアーキテクチャ、SQL Anywhere の関連機能の概要について説明します。ここでは、アプリケーション・サーバを設定して SQL Anywhere とともに動作させる方法については説明しません。詳細については、使用しているアプリケーション・サーバのマニュアルを参照してください。